意外な使い方

監視カメラは、一般的に防犯や犯行の証拠集めなどに使われますが、そのような使われ方だけではありません。監視カメラの意外な使い方ですが、企業や一般家庭が利用しています。観光地では、落書きなどのいたずら対策として使われています。人間が常駐して見張るよりも、はるかにコストカットになるでしょう。

工場などでは、監視カメラを設置して作業効率などを上げているようです。従業員を監視するというと言葉が悪くなりますが、映像でチェックすると、仕事で改善しなければいけない点や無駄な作業などが確認できます。監視カメラで見張られていると思えば、従業員にやる気が出るかもしれません。

ご家庭の場合は、ペットの監視用として利用されることがあります。監視というよりペットが家にいて1人で何をしているのか、危ないことにあわないか、飼い主が心配して写している場合もあるようです。ペット映像を動画に投稿する人も増えてきていますから、そのような目的で使われることもあるでしょう。

場合によっては、痴呆症の身内が心配で外出先からも確認できるように利用されるようなケースもあるようです。防犯だけだと利用頻度が少ないことから、監視カメラをいろんな用途に使おうという試みがなされています。

設置する場所

監視カメラを設置する場所ですが、家の中であれば、玄関、窓、駐車場などです。玄関は人の出入りのある場所ですが、鍵をこじ開けられて浸入されるおそれがありますので、監視カメラがあると犯人の特定に役立ちます。窓は一階の窓だけでなく、二階から浸入されることもあるかもしれません。駐車場に設置するのは、車上荒らしを防ぐためです。

店舗となると、監視カメラの設置場所は店内を見渡せるような位置で、死角が出ないところに設置されます。多くの犯行は、監視カメラの写らないところで行われます。死角の出ない広範囲を写すことのできる監視カメラがよいでしょう。監視カメラを商品が置いてある倉庫や、金庫のある部屋などの特定の場所に設置することもあります。

監視カメラは、センサーライトや防犯ステッカーと組み合わせることで効果が上がります。玄関、窓、駐車場とすべてに設置するのが理想的ですが、料金がかなりかかってしまいます。

24時間監視するのも、手間と時間がかかります。センサーライトは、人が通ると明かりがつくというもので、監視カメラのサポートになるでしょう。また、監視カメラを設置していることを知らせる防犯ステッカーを目立つ場所に貼ることで抑止効果が高まります。

設置する目的

監視カメラを設置する目的ですが、一般的に防犯意識の高いご家庭に設置されています。近所で強盗騒ぎが起こった場合などに、防犯のために設置することもあります。

実際に何か困ったことが起きた場合に購入されることが多いようです。たとえば、自宅の前に毎朝ゴミが置かれているようなケースです。誰がゴミを置いたのか、人物を特定する際に監視カメラが役に立ちます。また、他人の家のチャイムを押して、玄関にその家の人が出てくると逃げるという「ピンポンダッシュ」といういたずらがありますが、そのようないたずらに対応することもできるでしょう。

ただ、犯人を特定できるかどうかは、監視カメラの性能にもよります。性能の高い監視カメラを設置すれば、犯人の顔はもちろん、車のナンバープレートのような細かい数字まで確認できます。映像をデジタルレコーダーに保存することで、数日前の映像を確認できるようになります。

赤外線照明を搭載した監視カメラを購入すると、夜間など明かりがまったくない場所での監視が可能になります。犯行は昼間より夜間の暗い中で行われることが多いですから、赤外線照明が必要になることもあるでしょう。設置する目的に合った監視カメラを選ぶようにしましょう。

監視カメラのメリット

監視カメラを設置するメリットですが、犯罪の抑止効果があります。姿が写されているとなれば、犯行を思いとどまる可能性があるでしょう。監視カメラのダミーが販売されていますが、この商品は犯罪の抑止効果だけを狙ったものです。

また、犯罪が起こった場合に、監視カメラを録画した映像が証拠になることもあります。ある犯罪が起こった場合に、その犯罪を撮る目的がなかったとしても、偶然映像に犯人の姿が映り込んでいる場合があるようです。そのような場合にも、監視カメラは役に立ちます。ただし、映像を残したい場合には、デジタルレコーダーのような記憶装置が必要になります。

監視カメラを効果的に利用する方法ですが、センサーライトや防犯ステッカーと組み合わせるとより効果があがります。センサーライトは、設置しておくと自動的にライトがつくため、防犯対策になります。防犯ステッカーは、監視カメラがあることを知らせる目的で貼り付けます。家中に監視カメラを設置するわけにはいきませんから、センサーライトや防犯ステッカーも使用することで、抑止効果が増すでしょう。

監視カメラの意外な使い方として、企業が仕事の作業効率を上げる目的で使っています。仕事で改善しなければいけない点、無駄な作業などを監視カメラの映像でチェックできます。また、一般家庭だと、留守宅でお留守番をしているペットの画像を写し出すことなども可能です。防犯だけだと用途が限られてきますから、監視カメラの利用方法をいろいろ考えてみてください。監視カメラのメリットなどを、さらに詳しく解説します。