設置する場所

監視カメラを設置する場所ですが、家の中であれば、玄関、窓、駐車場などです。玄関は人の出入りのある場所ですが、鍵をこじ開けられて浸入されるおそれがありますので、監視カメラがあると犯人の特定に役立ちます。窓は一階の窓だけでなく、二階から浸入されることもあるかもしれません。駐車場に設置するのは、車上荒らしを防ぐためです。

店舗となると、監視カメラの設置場所は店内を見渡せるような位置で、死角が出ないところに設置されます。多くの犯行は、監視カメラの写らないところで行われます。死角の出ない広範囲を写すことのできる監視カメラがよいでしょう。監視カメラを商品が置いてある倉庫や、金庫のある部屋などの特定の場所に設置することもあります。

監視カメラは、センサーライトや防犯ステッカーと組み合わせることで効果が上がります。玄関、窓、駐車場とすべてに設置するのが理想的ですが、料金がかなりかかってしまいます。

24時間監視するのも、手間と時間がかかります。センサーライトは、人が通ると明かりがつくというもので、監視カメラのサポートになるでしょう。また、監視カメラを設置していることを知らせる防犯ステッカーを目立つ場所に貼ることで抑止効果が高まります。