監視カメラのメリット

監視カメラを設置するメリットですが、犯罪の抑止効果があります。姿が写されているとなれば、犯行を思いとどまる可能性があるでしょう。監視カメラのダミーが販売されていますが、この商品は犯罪の抑止効果だけを狙ったものです。

また、犯罪が起こった場合に、監視カメラを録画した映像が証拠になることもあります。ある犯罪が起こった場合に、その犯罪を撮る目的がなかったとしても、偶然映像に犯人の姿が映り込んでいる場合があるようです。そのような場合にも、監視カメラは役に立ちます。ただし、映像を残したい場合には、デジタルレコーダーのような記憶装置が必要になります。

監視カメラを効果的に利用する方法ですが、センサーライトや防犯ステッカーと組み合わせるとより効果があがります。センサーライトは、設置しておくと自動的にライトがつくため、防犯対策になります。防犯ステッカーは、監視カメラがあることを知らせる目的で貼り付けます。家中に監視カメラを設置するわけにはいきませんから、センサーライトや防犯ステッカーも使用することで、抑止効果が増すでしょう。

監視カメラの意外な使い方として、企業が仕事の作業効率を上げる目的で使っています。仕事で改善しなければいけない点、無駄な作業などを監視カメラの映像でチェックできます。また、一般家庭だと、留守宅でお留守番をしているペットの画像を写し出すことなども可能です。防犯だけだと用途が限られてきますから、監視カメラの利用方法をいろいろ考えてみてください。監視カメラのメリットなどを、さらに詳しく解説します。